一工夫された結婚式ムービー

新郎新婦の個性が感じられるムービー

マンネリ化した結婚式ムービー

最近の結婚披露宴では、新郎新婦のプロフィールや馴れ初め、ゲストや両親への感謝の気持ちなどを記録した「結婚式ムービー」を流すことが増えています。新郎新婦の写真とメッセージをBGM付きの映像として流すことで、場を盛り上げてゲストに感動を与えることができます。

しかし、結婚式ムービーはあまりにも定番の演出になってしまったため、昔ほどゲストに驚きや感動を与えることが難しくなっているともいえます。たくさんの結婚式に出席しているゲストなどは内心「またコレかぁ…」と思っているかもしれません。

結婚式ムービーのマンネリ化を避けるためには、ムービーに一工夫して他の人とは違う何かをプラスする必要があります。

ムービーのアイディア

たとえば、結婚式ムービーに使用する写真を選ぶ際に、新郎新婦だけの写真ではなく、その場に出席しているゲストが一緒に写っている写真を使ってみましょう。

生い立ちムービーでは、新郎新婦それぞれの赤ちゃんの頃の写真がよく使われますが、その際には赤ちゃんだけの写真を使用するのではなく、母親が一緒に写っている写真を選びます。若い頃の母親の姿から時の流れを感じることができますし「懐かしい!」「お母さんそっくり」などの声も上がって、場も盛り上がるでしょう。

また、最近は結婚式ムービーも凝ったつくりのものが増えてきて、映画やテレビのドキュメンタリー番組風の演出がされているものもあります。インターネットなどでオーダーできるものがほとんどなので、ムービー編集の知識がなくても大丈夫。思わずゲストが見入ってしまうような、ストーリー性のあるムービーもオススメです。

さらに、もっと上級編になると、新郎新婦自ら、あるいは友人によって結婚式ムービーが自作される場合もあります。新郎新婦の友人が、新郎新婦のお面をかぶって二人の馴れ初めの再現ドラマを演じたり、新郎が新婦の思い出の地をめぐって新婦にサプライズするといったものがあります。いずれも新郎新婦の二人ならではの「個性」が盛り込まれているムービーが、ゲストにマンネリ感を与えないムービーといえます。

Back To Top