両親に感謝を伝える結婚式ムービー

新郎新婦からの気持ちを伝えるムービー

感謝の気持ちを手紙で

結婚式は新郎新婦の結婚をお祝いする会であるとともに、新郎新婦がご両親やゲストへの感謝の気持ちを伝える場でもあります。では、結婚式や披露宴でどのようにして感謝の気持ちを伝えることができるのでしょうか。

以前は、結婚披露宴で感謝の気持ちを伝える定番の演出として「手紙」がありました。両親への感謝の気持ちを綴った手紙を朗読するというものです。それまでは余興などで賑やかに盛り上がっていた披露宴の場も、手紙のシーンではしっとりと、感動的なムードに包まれます。もちろん今でもご両親への手紙は結婚披露宴の定番演出のひとつです。

しかし、最近は写真や動画を使用した結婚式ムービーの演出も人気があります。たとえば、定番の「手紙」の演出でも、ご両親やゲストへの感謝の気持ちを綴った手紙の文面に合わせて、シーンにあった写真を映し出すようにすると、よりイメージが膨らみやすく、感動を誘うことができます。BGMにも気を配り、文面や写真とあったものを選びましょう。

手紙などのメッセージに合わせて、写真を映し出すスタイルのムービーは、両親への感謝だけでなく、ゲストの友人たちへの感謝を表す際にも使いやすい演出です。

サンクスバイトで感謝を表す

そのほかにも、結婚式や披露宴では、ご両親への感謝の気持ちを伝えられるシーンがたくさんあります。

結婚披露宴では定番のケーキ入刀のシーンでは、新郎新婦が互いにケーキを食べさせ合う「ファーストバイト」がよく行われます。しかし、実はこの時「ラストバイト」や「サンクスバイト」と呼ばれる演出もあるのだとか。

ラストバイトは、新郎新婦がそれぞれの両親からケーキを食べさせてもらうという演出で、初めて食事を食べさせてくれたご両親から最後に食べさせてもらう、という意味があります。

サンクスバイトは、いままで美味しいご飯を食べさせてくれてありがとう、という意味で、新郎新婦がご両親にケーキを食べさせてあげるという演出です。

ファーストバイトはよくある演出ですが、ラストバイトやサンクスバイトは珍しく、会場も盛り上がることでしょう。

Back To Top